お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 
子供のVPD

髄膜炎菌感染症

どんな病気

鼻水やセキによる飛沫感染で、髄膜炎菌が鼻、のど、気管の粘膜などから体に入って、菌血症や敗血症、細菌性髄膜炎などの病気を引き起こします。初期症状は、発熱、頭痛、嘔吐など、風邪の症状に似ているため、早期診断がとても難しい病気です。髄膜炎菌性髄膜炎は、他の細菌による髄膜炎と比べて、症状が急激に進行することが特徴です。意識障害、ショック、全身性出血などのために死亡することもあります。発症後2日以内に5~10%が死亡すると言われています。いったん発症してしまったら救命するのも困難な病気です。

発症年齢は0歳代と15~19歳が多いものです。学校やクラブ活動での流行もあります。
学校保健安全法の「学校で予防すべき感染症」の一つに定められており、発症した場合は速やかな対応が必要です。

海外と比較して日本国内の報告数は少ないため、国内での感染リスクは低いと考えられています。

重症になると

意識障害を伴う髄膜脳炎や、ショック、全身性出血を起こすウォーターハウス・フリードリクセン症候群という極めて重篤な合併症を起こすと死亡率が高くなります。
10~20%の割合で難聴、神経障害、四肢切断などの重い後遺症が残ることがあります。

予防は?

髄膜炎菌ワクチン(不活化ワクチン)で予防します。

米国では、感染リスクが高い10代後半から20代の感染予防のために、11~12歳に1回目の予防接種をすることが推奨されています。その後、16歳で追加接種をしています。

「VPDを知って子どもを守ろう」の会について プライバシーポリシー