インフルエンザワクチン

不活化ワクチン
任意接種(子どもの場合)

予防するVPD

インフルエンザ

接種時期と接種回数

生後6か月以上で12歳まで(13歳未満)では2回ずつ接種します。10月ごろに1回目を接種し、およそ2~4週間(できれば4週間)あけて2回目を接種します。13歳以上は通常1回接種ですが、2回接種することもできます(接種間隔はおよそ1~4週間)。接種量は2011年シーズンから変更されて、特に小さい子どもの量が増えました。

おすすめの受け方

インフルエンザは脳炎や肺炎をおこしやすい、普通のかぜとはまったく違う重いVPDです。小さな子どもの場合、1回の接種だけでは十分な免疫ができません。重症化を予防するのに必要な免疫ができるのは、2回目を接種して2週間ほどたったころからです。
毎年、流行するウイルスの型が違い、それにあわせてワクチンがつくられています。前のシーズンに接種していても予防効果は期待できませんので、原則として毎年、2回ずつ接種しましょう。

WHO(世界保健機関)や米国では、生後6か月~8歳まで(9歳未満)は2回接種ですが、前年に2回接種している場合には1回接種をすすめています。9歳以上は毎年1回接種です。接種回数に関してはかかりつけ医とご相談ください。

スケジュールを立てる時のポイント

流行前に2回接種が終わるように、1回目は10~11月、2回目は11月中に接種するのがおすすめです。
毎年、多くの小児科が10月前半から接種を開始します。予約方法などがほかのワクチンと異なる場合もありますので、あらかじめ問い合わせをしておきましょう。

副反応

強い卵アレルギーの方はかかりつけの小児科医と相談してください。ごくまれですが、ショックやじんましん、呼吸困難などのアレルギー症状が現れることがあります。

ワクチンの効果と安全性

予防効果はほかのワクチンと比べてそれほど高くなく、子どもの場合、A型では予防効果があるのは30~50%程度*で、B型や1歳未満ではさらに効果が低くなります。しかし、2011年シーズンからはワクチンの接種量が変更になり、6か月以上3歳未満が大人の半量の0.25ml、3歳以上が大人と同じ、0.5mlになりましたので、昨シーズンよりも効果が期待できます。
インフルエンザワクチンは発病予防だけでなく、重症化予防として接種することをおすすめします。ワクチン接種によって発病や重症化が予防できるケースが多く、結果として脳炎の予防にもなります。まれには、流行しているウイルスの株とワクチンの株が違うなどで、接種を受けていても脳炎の発生を防ぎきれないこともあります。
また、妊娠中に母親が受けると生まれた赤ちゃんにも予防効果があります。

2011年シーズンから、ワクチンの接種量が変更となり、WHO(世界保健機関)の標準量を接種することとなり、予防効果の向上が期待できます。現在開発中の新型インフルエンザ用ワクチンの技術を応用するなどした、よりよいワクチンの開発が望まれますが、それが完成するまで、現在のワクチンを毎年受けてください。

*インフルエンザワクチンを受けていないグループと受けたグループで、インフルエンザにかかった人数を比べたら、ワクチンを受けたグループの方が30~50%少ないという意味。

閉じる
know-vpd
(c) know-VPD! Protect Our Children