お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 
子供のVPD

ポリオ

どんな病気

ポリオウイルスによって感染するVPDです。このウイルスにかかっても、多くの場合は症状が出ないか、出てもかぜのような症状だけです。しかし約1,000~2,000人に1人は手足にまひが出るとされています。

日本でもかつて大流行したことがあります。その時は母親たちがマスコミとともにポリオ撲滅の大活動を行いました。その結果、当時の厚生大臣はソ連やカナダから使用し始めたばかりのポリオの生ワクチンを緊急輸入して、テストもしないで子どもたちに投与しました。するとまたたく間に流行がおさまりました。
世界ではポリオウイルスは激減しています。しかし南アジアやアフリカなどのごく一部の地域では現在でも流行しています。なかなか根絶できないどころか、ワクチンを飲まなくなった地域で流行がおこっています。欧米でも、宗教上の理由でワクチンを拒否する人たちの子どもの間で流行したことがあります。日本では、約30年前から野生株による患者は出ていませんが、世界との交流が盛んな現在ではワクチンの接種を長い間中止すれば必ず流行がおこると考えられています。

症状や経過

このウイルスに感染しても、ほとんどの場合は発病しないか目立った症状は出ず、出ても多くはかぜのような症状だけです。

重症になると

手足のまひが起こり、運動障害が一生の後遺症として残ることがあります。またその一部の人が、数十年後に突然、疲労、痛み、筋力低下などに悩まされることがあり、これはポストポリオ症候群(PPS)と呼ばれています。また、呼吸をするための筋肉である横隔膜などにまひがおこると呼吸ができなくなり、その場合には、人工呼吸器を使わなければなりません。

予防は?

ポリオワクチン、四種混合(DPT-IPV)ワクチン(いずれも定期接種・不活化ワクチン)で予防します。
単独のポリオワクチン(IPV)は2012年9月に、四種混合ワクチンは2012年11月に導入されました。

生ポリオワクチンについて

2012年8月までは定期接種ワクチンとして使用されていました。生ワクチン(口から飲むタイプ)はポリオを予防する効果は強いのですが、まれに(70万人に1人くらい)ワクチンウイルスによる麻痺が起こっていました。2012年9月から、日本でも欧米と同様に人に小児まひ(ポリオ)を発病させるおそれがない不活化ポリオワクチンに切り替わりました。

生ポリオワクチンについてはこちらをごらん下さい。

「VPDを知って子どもを守ろう」の会について プライバシーポリシー