お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 
子供のVPD

麻しん(はしか)

どんな病気

麻しんウイルスによっておこる、感染力がたいへん強く命にかかわる合併症を引き起こすことも多い、たいへん重いVPDです。欧米や韓国では撲滅されましたが、日本ではいまだに流行しています。しかし最近はワクチンを受ける人が増えたために大幅に減りました。しかしワクチンを受ける人が減れば必ず再流行します。
生後6か月くらいからかかり、最近は年長児や大人でかかる割合が増えています。

症状や経過

感染して約10日の潜伏期後に、まず熱と鼻水、せき、目やになどかぜと似た症状が出ます。発熱3~4日目から体に赤い発しんが出て、口の中に「コプリック斑」と呼ばれる麻しん特有の白いブツブツがみられます。高熱は7~10日間くらい続きます。ふつうのかぜの熱とはまったく違うので、その間はたいへんつらいものです。熱が下がっても、3日経つまでは登園、登校ができません。麻しんは、年齢にかかわらず重症になることがあります。特に妊娠中は大きな問題になります。

重症になると

合併症を起こしやすく気管支炎、肺炎、脳炎などが約30%の人におこり、肺炎や脳炎で亡くなる人も多数います。どの年齢でも重症になります。2001年の流行の時は、約30万人がかかり、80名前後が死亡したと推定されています。
昔、麻しんは「命定め(いのちさだめ;麻しんにかかったら、生きるか死ぬかわからないということ)」と言われました。医学が進み栄養状態がよくなった現在でも、根本的な治療法がないので「命定め」の病気であることに変わりはありません。

また、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる難病中の難病ともいわれる病気になることもあります。これは麻しんにかかって数年してから、知能の障害とけいれんがおこり、発病がわかります。残念ながら根本的な治療法はありません。

予防は?

MR(麻しん風しん混合)ワクチン(定期接種・生ワクチン)で予防します。ワクチンを接種しておけば、かかったとしても重症になることはまずありません。定期接種では1歳と小学校入学前に2回受けます。ただし、地域で大流行している時は生後6か月からの接種ができますので、かかりつけ医と相談してください。

大人でもかかるので、保護者の方がワクチンを受けていないときには必ずワクチン接種を受けてください。2回目の接種を受けていないようでしたら、ぜひ2回目を受けてください。たいへん強いアレルギー体質の人は、事前にかかりつけ医に相談してください。

SSPE青空の会
http://sspeaozora.web.fc2.com

麻しんが原因で起こる難病“SSPE”の、患者さんの家族が集まって作った会です。
病気の詳しい説明などが載っています。ぜひ参考にしてください。
「VPDを知って子どもを守ろう」の会について プライバシーポリシー