お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 
赤ちゃんのB型肝炎ワクチン

赤ちゃんだけじゃない、思春期の予防も大切

日本では、母子感染防止事業やワクチンの定期化によって小児に対するB型肝炎対策は整いつつありますが、B型肝炎予防が重要なのは乳児期だけではありません。

近年、国内でも遺伝子型AのB型肝炎が多く報告されています。従来、日本で多くみられた遺伝子型BやCは成人で感染しても慢性化することが少ないのに対し、欧米で流行している遺伝子型Aは成人の感染でも慢性化しやすいのが特徴です。
成人のB型肝炎で最も多いのが性交渉による感染ですが、グローバル化がすすむなか、国内外で感染の機会の増加が危惧されています。

B型肝炎は、乳幼児だけでなく、思春期の子どもたちも成人の方々もワクチン接種による予防が必要です。