お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD HOME
 
予防接種スケジュール

日本の子どもが接種するワクチン

日本の子どもが現在受けられるワクチンと、おすすめの接種年齢(数回接種が必要な場合は1回目の接種年齢)、スケジュールを考えるうえでのポイントをまとめました。
※各ワクチン名をクリックすると詳しい説明がご覧になれます

接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後2か月(生後すぐでも可) 2回、追加1回 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・母親がB型肝炎キャリアの場合は、生後すぐからのB型肝炎予防の免疫グロブリンの接種と生後2か月からのワクチンが必要(健康保険適用)です。くわしくは、出産した医療機関でお問い合わせください。
・ロタウイルス、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合ワクチンと同時に接種しましょう。


ワクチンの種類
(商品名)
接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・
接種方法
「ロタリックス」
※2011年11月発売
生後2か月
※初回接種は生後14週6日までが望ましい
2回 生ワクチン、経口
「ロタテック」
※2012年7月発売
生後2か月
※初回接種は生後14週6日までが望ましい
3回 生ワクチン、経口

※「ロタリックス」「ロタテック」の2種類のワクチンがあります

スケジュールを立てるときのポイント
・できるだけ早い接種が必要。決められた時期を過ぎると初回接種が受けられない。
・B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合ワクチンと同時に接種しましょう。


接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後2か月 4回(初回3回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・できるだけ早く接種。生後2か月から「髄膜炎ワクチンセット」として小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎、ロタウイルスワクチンとの同時接種、生後3か月からはさらに四種混合ワクチンとの同時接種がおすすめ。
・1回目の接種(生後2か月~6か月)が遅れないように注意。 >>詳しくはこちら
・2013年4月から定期接種になりました。


接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後2か月 4回(初回3回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・できるだけ早く接種。「髄膜炎ワクチンセット」としてヒブワクチンと、2か月からはまたB型肝炎、ロタウイルスワクチンとの同時接種、生後3か月からはさらに四種混合ワクチンとの同時接種がおすすめ。
・1回目の接種(生後2か月~6か月)が遅れないように注意。>>詳しくはこちら
・2013年4月から定期接種になりました。11月からは従来の7価ワクチンから13価ワクチンに切り替わりました。


接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後3か月 4回(初回3回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・流行している百日せきから守るために生後3か月になったらすぐに接種してください。
・B型肝炎、ロタウイルス、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンとの同時接種がおすすめ。


接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後5か月 1回 生ワクチン、スタンプ方式

スケジュールを立てるときのポイント
・百日せきが流行しているので四種混合(DPT-IPV)を3回受けてから接種するのがよい。
・公費(無料)で接種できるのは1歳になる前まで。
・BCGが個別接種の場合、ほかのワクチンとの同時接種もできます。かかりつけ医とご相談ください。


接種を始める年齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳の誕生日すぐに 2回(2回目は小学校入学の前年) 生ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・1歳の誕生日プレゼントに必ず受けよう。
・必要に応じて1歳前の接種も可能。
・1歳の時におたふくかぜ、水痘ワクチンとの3種類のワクチンの同時接種もできますので医師に相談してください。


接種を始める年齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳~1歳1か月 2回 生ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・乳幼児に流行しているVPDですので、できるだけ早く受けよう。
・1歳の時に、MR・おたふくかぜワクチンと同時接種ができますので医師に相談してください。


接種を始める年齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳~1歳3か月 2回 生ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・乳幼児に流行しているVPDですので、できるだけ早く受けよう。
・1歳の時に、MR・水痘ワクチンと同時接種ができますので医師に相談してください。


接種を始める年齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
3歳(生後6か月から可能) 基礎免疫3回(初回2回、追加1回)、
9歳で4回目
不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・東南アジアなど流行地などに行く場合などは、生後6か月から受けられる。
・他のワクチンの同時接種も可能。


接種を始める年齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
5歳以上 2回 mRNAワクチン、筋肉注射

スケジュールを立てるときのポイント
・子どものうちに2回接種を受けることをおすすめします。
・ワクチン接種の意義や接種後の副反応について事前にお子さんに説明しておくことが大切。
・不安や迷いがあるときは、急いで結論を出す必要はありません。


接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
お勧めは小学校入学の前年 1回 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・四種混合(DPT-IPV)ワクチンを0-1歳で4回接種後の追加接種として受けます。
・MRワクチンの2回目と同時接種がおすすめ。


接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
お勧めは小学校入学の前年 1回 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・四種混合(DPT-IPV)ワクチンを0-1歳で4回接種後の追加接種として受けます。
・MRワクチンの2回目と同時接種がおすすめ。


接種をはじめる月齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後6か月以降の秋 (毎秋)毎年1~2回 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・流行前の10月~11月に毎年、接種しよう。
・他のワクチンの同時接種も可能。


接種を始める年齢
スケジュール ワクチンの種類
接種方法
「サーバリックス」
小学校6年生から中学1年生(定期接種)
1回目接種の1か月後に2回目を接種、6か月後に3回目を接種 不活化ワクチン
筋肉注射
「ガーダシル」
小学校6年生から中学1年生(定期接種)
1回目接種の2か月後に2回目を接種、6か月後に3回目を接種
「シルガード9」
中学1年生(任意接種)
1回目接種の2か月後に2回目を接種、6か月後に3回目を接種

※「サーバリックス」「ガーダシル」の定期接種の2種類と「シルガード9」(任意接種)のワクチンがあります。

スケジュールを立てるときのポイント
・小学校6年生から中学1年生のうちに、かかりつけ医に相談してください。
・高校1年生まで定期接種で受けられます。
・DTワクチンやB型肝炎ワクチンなどほかのワクチンとの同時接種も可能。
・2013年4月から定期接種になりました。


接種を始める年齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳になったら 3回(初回2回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

スケジュールを立てるときのポイント
・発展途上国にでかけたり、長期に滞在する場合は、お子さんでも必ず受けて下さい。


接種を始める年齢
接種回数 ワクチンの種類・接種方法
10代後半 1回 不活化ワクチン、筋肉注射

スケジュールを立てるときのポイント
・米国や英国、オーストラリアへの留学(特に入寮する場合)や、国内でも高校や大学で運動部などで寮生活をする場合は、感染リスクが高くなりますので、接種します。