お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 
子供のVPD

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がんなど)

どんな病気

ヒトパピローマウイルス(HPV)による感染症で、子宮頸部に感染すると子宮頸がんに進行することがあります。HPVは乳頭腫といういわゆるイボのウイルスで150種類以上あり、皮膚につくタイプと粘膜につくタイプがあります。

子宮頸がんの原因になるHPVは粘膜型で、性行為だけでなく皮膚の接触によるものを含めて女性の約80%は知らない間にかかっています。さらに最近は性行為開始が低年齢化しており、その結果20~40代の若い年齢での感染者数が急増しています。子宮頸がんは一年間に約10,000~15,000人の女性が発症し、毎年約3,500人が亡くなるたいへん重大なVPDです。がんというと子宮体がんを含めて主に中高年になってからのことが多いのですが、子宮頸がんは20代前半の発症者もおり、30代までの若い患者が多いのが現実です。このがんの原因はHPVの中でも主に16型と18型であり、主に性行為を通じて感染します。

HPVの6型と11型は、外陰部や膣に見られるやっかいなイボで尖圭(せんけい)コンジローマの主な原因となります。尖圭コンジローマは主に性行為を通じて発症し、患者数は男女あわせて4万人とも言われています。

重症になると

子宮頸部のHPV感染は、約99%以上の方は知らない間にかかって知らない間にウイルスが消えています。しかし約10%の方は細胞にがんでは無い異常が見られ、約4%の方は前がん状態になり、普通はゆっくりと本当のがんに進行します。前がん状態からでも、自然に正常に戻ることが多いのですが、最終的に0.1~0.15%の方(毎年1~1.5万人)が子宮がんになります。
子宮がん検診を若いうちから定期的に受けていれば、早期に発見することが可能です。しかし16型と18型の感染の場合、がんへの進行が早いことが多いので要注意です。早期のがんの場合は、子宮頸部の円錐切除という狭い範囲をとる手術で治療します。ただし早産しやすくなります。進行してくると大がかりの手術になり、妊娠できず手術後の障害も多いものです。またがんになっても末期まで無症状であることが発見を遅らせている原因です。

このようにがんになる可能性は低く、進行は普通がゆっくりで、繰り返しの検診により発見することが可能ですが、それでも残念ながら毎年約3,500人が亡くなっているのが現実です。

6型と11型によって尖圭(せんけい)コンジローマという外陰部のイボが引き起こされますが、完全に治すのが難しく精神的な苦痛も大きいものです。そして妊娠するとイボが急速に大きくなり、産道を閉鎖して帝王切開になることもあります。また生まれた赤ちゃんののどに感染して、子どもの気管支など空気の通り道に乳頭腫というイボが繰り返しでき呼吸困難になることがあります。時には100回以上の手術が必要な子どもの反復性呼吸器乳頭腫症(JORRP)という難病になります。日本でも毎年数十人以上はかかっているとされています。

予防は?

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)(定期接種・不活化ワクチン)で予防します。HPVワクチンには、2種類あり、日本ではサーバリックスが2008年12月に、ガーダシルが2011年8月に発売になりました。2013年度から定期接種になりました。

ワクチンの種類により接種スケジュールや予防できるVPDが異なりますが、いずれのワクチンも性行為開始前に接種を始めることが望ましく、半年間で3回、筋肉注射で接種します。中学1年生のうちになったら3回受けるようにしましょう。推奨年齢は小学6年生~高校1年生相当の女子です。
この時期には二種混合(DT)ワクチンの接種もありますし、B型肝炎ワクチンを一緒に接種することも出来ますので、接種に関しては小児科で相談してみるとよいでしょう。ほかに産婦人科、あるいは内科でも受け付けますが、必ず前もって接種できるかどうか確かめてください。

●『サーバリックス』[2価]
子宮頸がんなどのヒトパピローマウイルス感染症を予防します。初回接種の1か月後に2回目、初回接種の6か月後に3回目を接種します。

●『ガーダシル』[4価]
子宮頸がんや尖圭(せんけい)コンジローマなどのヒトパピローマウイルス感染症を予防します。初回接種の2か月後に2回目、初回接種の6か月後に3回目を接種します。

HPVワクチン接種により約70%の子宮頸がんを予防できるとされます。しかしこのワクチンで防げない52、33、58型のウイルスも子宮頸がんの原因ですので、必ず子宮がん検診を受けることが大切です。検診を受ける率は、欧米では約80%ですが、日本ではなんと約20%とたいへん低いのが問題です。ワクチンを受けた方でも20歳過ぎたらすべての女性は子宮がん検診を受けることが大切です。両ワクチンともに、効果は20年くらい続くと予想されており、追加接種は不要と考えられています。実際の効果は日本より7~8年前からワクチン接種をはじめた欧米の結果を参考にすることができます。

接種の推奨年齢以上の女性も受けることができます。日本では子宮がん検診を受ける人が少ないので、45歳までの方にすすめられています。このあたりは、検診のことも含めて産婦人科の先生とご相談ください。

「接種の積極的な勧奨」の一時中止について
2013年6月に接種後の有害事象として見られた慢性疼痛などの症状と接種との因果関係や、痛みがおこる頻度、それに海外での詳しいデータについて実態調査が必要と考えた結果、厚生労働省は約半年間をめどに「接種の積極的な勧奨」の一時中止という決定をしました。 その後、子宮頸がん予防(HPV)ワクチン接種後の慢性疼痛などの症状とワクチン接種の因果関係の調査研究がなされていますが、中止から3年以上経た2016年8月現在において、接種の積極的な勧奨の再開はなされていません。

接種後の注意

副作用として受けたところの痛み、局所反応があります。接種時の痛さはほかのワクチンと大きく変わらないとされますが、筋肉に注射するために数日間にわたり筋肉痛がおこることはほかのワクチンとの違いです。接種後に頭痛や胃腸の不調などを訴える人もいますが、これらの症状がおこる割合は、いわゆる“ニセ薬(プラセボ)"を受けたときの差がないことが分かっており、ワクチンの本当の副作用ではないとされます。

このワクチンは失神(脳貧血)を起こすことが有名です。これはワクチンが痛いためでなく、ワクチンが痛いのではないかと緊張したり、その緊張が解けたときに起こります。10歳以上の女性は、ワクチン接種(種類は問いません)だけでなく血液検査や献血でも失神を起こす人がいます。緊張しやすい人は接種前に接種医に申し出て、寝た姿勢のままで受けたり、30分程度はしっかり落ち着くまで接種した医療施設で横になるのも良いことです。

また、このワクチンの接種後に慢性疼痛などがおこることがあります。この痛みの症状は、外傷やワクチン接種などをきっかけとして、接種直後から数日後に痛みの症状が出ます。今回のHPVワクチン接種後の慢性疼痛は、ワクチンの成分(薬液)によるのではなく、注射をする行為によるものだと考えられています。 症状としては、接種部位以外の部分に通常では説明できない過敏な痛みが持続し、左右の腕の太さや温度の違い、むくみや発汗がみられるなどの異常がみられます。子どもの場合は、ある程度の時間はかかりますが多くは回復しています。不安が症状をさらに悪化させることもありますので、自己判断をしないことが大切です。

ヒトパピローマウイルス感染症による子宮頸がんを防ぐうえでもっとも大切なことは、ワクチンを受けても子宮がん検診をしっかりと受けることです。ワクチンだけではすべてのウイルスを防ぐことはできませんので、子宮がん検診は必ず受けましょう。

より詳しい情報はallwomen.jpのホームページを見てください。

「VPDを知って子どもを守ろう」の会について プライバシーポリシー