お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 
子供のVPD

風しん

どんな病気

風しんウイルスによって急性の発熱と発しんを起こすVPDです。以前から男女ともにワクチンを2回接種してきた欧米とは大きく異なり、日本では今だに風しんが流行します。かかる年齢は生後1歳くらいからです。大人はかかってもたいていは軽く済みますが、重症になる例も無視できません。麻しん(はしか)ほどではありませんが、感染力が強く、症状の出ないままほかの人にうつす可能性があります。

症状や経過

約2~3週間の潜伏期の後に熱が出て、首のリンパ節がはれ、体に赤い発しんが出てきます。発熱するのは3~4日間ですが、熱の出ない人もいます。

重症になると

たいていは軽い症状ですが重くなる場合もあり、以下の合併症が問題です。
・風しん脳症が6,000人に1人におこります。
・風しんが治って数週間後に血が止まらなくなる血小板減少性紫斑が3,000人に1人見られます。
・妊娠初期の女性がかかると生まれつきの難聴、白内障(目のレンズの部分が白くにごって見えなくなる病気)、心臓病、精神運動発達遅滞などを持った先天性風しん症候群(CRS)の子どもが生まれることがあります。

予防は?

MR(麻しん風しん混合)ワクチン(定期接種・生ワクチン)で予防します。1歳代と小学校入学前の1年間に2回接種します。

保護者も、ワクチンを受けていない、抗体がなくなっている場合には、必ずワクチンを接種しましょう。またパパがワクチンを受けていないとパパから妊娠中にうつることがありますので、パパにも接種しましょう。

近年、働き盛りの年代での流行が問題になっています。多くは20代~30代の男性がかかり、同僚や奥様にうつします。風しんは妊娠初期の女性がかかるとおなかの赤ちゃんへの影響(先天性風疹症候群)が心配なVPDです。ワクチンを受けていない妊娠中以外の女性もすぐにワクチンを受けてください。また、妊娠する可能性のある女性、妊娠したい女性はもちろん、そのような女性にうつさないためには周囲の人のワクチン接種が大切です。風しんワクチンを受けていない場合には、麻しんワクチンも接種していないことが多いので、男女(妊娠していない女性)ともにMR(麻しん・風しん)混合ワクチンの接種が勧められます。
「VPDを知って子どもを守ろう」の会について プライバシーポリシー