新型コロナワクチン

mRNAワクチン・不活化ワクチン
臨時接種

予防するVPD

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
小児が新型コロナワクチンの接種が受けられる期間は、2024年3月31日までです。
日本で使用されている新型コロナウイルス感染症のワクチンには、mRNAワクチンの2種類(ファイザー社、モデルナ社)と、不活化ワクチンの武田社(ノババックス)があります。年齢や接種回数により、接種できるワクチンが異なります。

接種時期と接種回数

新型コロナワクチンの対象年齢は、生後6か月以上です。接種年齢によって、ワクチンの種類や接種回数が異なります。
初回接種では、途中で年齢区分が変わっても、1回目と同じ種類のワクチンを接種します。追加接種では、接種時点での年齢区分のワクチンを接種します。

また、自治体によって接種ワクチンが指定されている場合があります。詳細は、お住いの自治体でご確認ください。

新型コロナワクチンの前後にインフルエンザワクチン以外のワクチンを受けるときには、2週間以上あけることが必要です。インフルエンザワクチンは同時接種ができます。

接種の対象年齢 ワクチンの種類と接種回数 接種スケジュール
乳幼児 生後6か月~5歳
初回接種 1回目の接種日が
生後6か月~4歳
ファイザー3回
(有効成分を12歳以上の10分の1に減量した乳幼児用ワクチン)
1回目の3週間後に2回目、2回目の8週間後に3回目
1回目の接種日が
生後6か月~5歳
モデルナ2回
(接種量を12歳以上の4分の1に減量した乳幼児用ワクチン)
1回目の4週間後に2回目
追加接種
4回目
初回接種を完了した
生後6か月~4歳
ファイザー1回
(乳幼児用ワクチン)
前回接種後3か月以上あける
小児 5~11歳
初回接種 1回目の接種日が
5~11歳
ファイザー2回
(有効成分を12歳以上の3分の1に減量した小児用ワクチン)
1回目の3週間後に2回目
1回目の接種日が
6~11歳
モデルナ2回
(接種量を12歳以上の2分の1に減量した小児用ワクチン)
1回目の4週間後に2回目
追加接種
3回目以降
初回接種を完了した
5~11歳
ファイザー1回
(小児用ワクチン)
前回接種後3か月以上あける
初回接種を完了した
6~11歳
モデルナ1回
(小児用ワクチン)
12歳以上
初回接種 1回目の接種日が
12歳以上
ファイザー、武田(ノババックス)ともに2回 1回目の3週間後に2回目、2回目の8週間後に3回目
モデルナ2回 1回目の4週間後に2回目
追加接種
3回目以降
初回接種を完了した
12歳以上
ファイザー、モデルナ 前回接種後3か月以上あける
武田(ノババックス) 前回接種後6か月以上あける

おすすめの受け方

生後6か月以上で接種できます。
新型コロナウイルス感染症は、子どもの重症化や死亡、後遺症のリスクがある重大なVPDです。できるだけ早く接種してください。最新情報は、ページ下のリンクをご確認ください。

「早めの接種」を勧める3つの理由

  1. 重症化・死亡リスク
    2022年から小児の重症例、死亡例が増加しています。
  2. 長引く後遺症
    感染後、長期にわたる強い倦怠感やブレインフォグ(記憶障害、集中力低下)では、日常生活や学習に支障をきたします。
  3. 無料で受けられななくなる
    2024年4月以降は任意接種となりますので、公費(無料)で接種ができるのは、2024年3月末までです。

ワクチンの効果と副反応

新型コロナワクチンを3~4週間隔で2回接種し1~2週間経つと体内に免疫がつくられ、新型コロナウイルス感染症に対する予防効果が高まります。ひとたび免疫を獲得しておけば、ワクチンの効果が低下しても追加接種によって迅速に効果を高めることができます。小児期のうちに免疫を獲得して新型コロナウイルスから日常を守るベースをつくるためにも、ワクチン接種をお勧めします。

接種後に、接種部位の痛みや疲労、発熱、頭痛等、様々な症状が現れることがありますが、ほとんどが軽く数日で回復しています。

日本における心筋炎・心膜炎については、ほかの年代よりも10~20代、女性よりも男性、ファイザーよりもモデルナのワクチン接種後の報告頻度が高くなっています*。いずれも軽症の場合が多く、ワクチン接種後の副反応よりも感染後の心筋炎・心膜炎の発症の方が発症頻度がはるかに高いことがわかっています。ワクチン接種のメリットの方が大きいと考えられますので、接種をお勧めします。

*2023年11月21日閲覧:https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/uploads/0079_231027.pdf

接種に不安や迷いがある場合

思春期年代では、接種に対する強い不安や恐怖などのストレスが「予防接種ストレス関連反応(Immunization Stress-Related Responses:ISRR)」を引き起こすことがあります。

ISRRがおこりやすい人 10歳代、失神経験者、以前の注射後にいやな経験をした人、血液や注射やけがに対する恐怖芯が強い人、不安障害や発達障害のある人 など

接種に対して不安や迷いがあるときには、かかりつけ医などに相談して、適切な時期に接種をするようにしてください。


(2023年11月更新)

閉じる
know-vpd
(c) know-VPD! Protect Our Children